働き方

新卒で飛び込み営業をやっていて意味があるのか?と考えている人へ

こんにちは。武士虎です。(@busitora)

飛び込み営業、、、辛いですよね。。。

特に新卒飛び込み営業 から始まるのは、まさに地獄です。

メンタリティーも営業手法も確立されていないなか、毎日ピンポン鳴らして訪問を繰り返す。。

この記事を読んでいるあなたも、飛び込み営業で疲弊しているかもしれません。

この記事では、

新卒飛び込み営業を繰り返していた筆者が、辛い理由を言語化しています。

もし、この記事を読むことによってあなたの今の辛い気持ちが言語化され、

ほんの少しでも気持ちが和られば幸いです。

飛び込み営業が辛い理由

断られることによるメンタル面の低下

飛び込み営業は、基本的にアポがないところに訪問しに行きますよね。

アポがあれば、それはただの営業で、飛び込み営業ではありませんから。笑

まず、大前提として

飛び込み営業は断られるのが仕事で、数をこなす必要がある

ということが大前提ですよね。

ここで一つ、逆に考えてみてください。

いきなり、知らない人が自宅にピンポン鳴らしてきて

いきなりすいません!超高性能布団あるんですけど、めっちゃ安いですよ!今月まで半額です!どうですか?書いませんか?

て来たらどうですか?

武士虎
武士虎
いや〜ちょうど布団探してたんだよ!買うわ!

ってなりますか???ほぼ100%ならないですよね。私なら、

武士虎
武士虎
結構です!(いや、必要ないしそもそもお前誰だよ。そもそも何でウチの住所知ってんの?)

となりますよね。笑。これが飛び込み営業の実情です。

1日1回だけ布団を売りに行けばいいなら全然辛くないかもしれませんが、

これを1日に50件や100件、毎日行い断られ続ける ことによって、

自分の商品が相手にとって必要なかっただけという事実なのに、自分自身が否定された気持ちになっていく。そして、体力とメンタルが徐々に削られていく。

これが1つ目の理由です。

会社からのノルマがキツい(根性+体力が必要)

飛び込み営業をする会社には、ほとんどの場合ノルマがあると思います。

新卒で、毎日飛び込み営業をして、断られ続け、メンタル体力が低下する。

それと同様に、会社からのノルマがめっちゃキツい場合が多いです。

どんな会社であれ、営業が数字を出せなければいずれは倒産する

極論言うと、こうなります。

総務や経理、人事や事務がいなくなっても、結局は営業が数字を出して売上を出さなければ会社は傾いていずれは倒産します。

よって、営業には目標という名のノルマがあるケースが多いです。

そうなると、いくら飛び込み営業で回っていても、数字が出ていなければ

上司
上司
おい!今月のノルマ達成してないじゃないか!もっと飛び込んでこい!

と言われるケースが大半です。そうなると後は根性と体力で母数を増やすことが必要になってきます。

武士虎
武士虎
はい、、(物理的に無理、、、)

今の時代に飛び込み営業を行う会社は、かなり人的労働力に頼る傾向にあります。

会社からのノルマによる圧力で、精神がどんどん病んでいく

これが2つ目の理由です。

市場価値が上がらない

私も毎日飛び込み営業をしていましたが、自分の将来に対する不安がどんどん大きくなっていきました。

扱う商材によっても変わりますが、ハッキリ言って飛び込み営業は非効率的です

なぜなら、例えば「100件飛び込んで10件見込み客が集まったとしても、残りの90件は実質無駄時間だから」です。

飛び込み営業は超非効率!無駄な時間が非常に多く、成長出来る時間がかなり少ない。

飛び込み営業を極めることにより、トークスキルやストレス体制、その他のスキルを身に付けることが出来ますが、

営業としてのスキルは上がりますが、自分自身の付加価値をつけるのが難しいです。

理由として、飛び込み営業は、極端に言ってしまえば根性と体力があれば誰でも出来るからです。営業スキルはついても、専門性がなければキャリアの幅が狭まります。

あなたのお勤めの業界が、未経験の人材でもすぐに代替可能であれば、その会社、業界で一生を終えるのはオススメしません。 

飛び込み営業、テレアポを仕事のメインにしている会社は、市場価値が上がらない

〜余談〜私の場合 人材派遣の飛び込み営業

実は筆者も、毎日毎日朝から晩までずっっと飛び込み営業をしていました。

商材は 「人材」  でその中で「派遣」  を扱っていました。

何を目的に飛び込み営業をしていたかというと、、

「派遣のスタッフさんが就業するために必要な、仕事をする働き先を探す」

ということが目的で、企業に求人を振ってもらうため に、日々飛び込み営業をしていました。

時には辛くて、こんなことを書いたりもしていました。笑

私も今のあなたと同じく、日に日に疲弊していきました。

ノルマは達成しましたが、目標を達成するために仕事をしていることに気づき、

5ヶ月で会社を辞めました。

 

理由は下記リンクに記載してあります。

武士虎が辞めた理由

結論として最後に伝えたいのは、

今、あなたが行なっている飛び込み営業が、どのくらいの期間続くのか一度真剣に考えてみてください。

【ガチ体験談】評判の良いRailsのプログラミングスクールおすすめ3選プログラミングスクールのおすすめ3選です。実際に筆者が体験談に行った&スクール生に感想を聞き、おすすめしていますのでご安心を。無料カウンセリングにとりあえず行って相談するのがマスト。...

それでは、武士虎でした。(@busitora)

 

勉強会でスクール受講生とエンジニアに聞いた!本当に評判のいいプログラミングスクール2選
  • RUNTEQ

    WEB系エンジニアになりたくて、Railsチュートリアルを独学で学んだ人向け。ポテパンよりも難易度は高いですが、オフラインで現役エンジニアに直で質問できます。完全初心者はお断りで受け入れ人数も少なく面接と技術テストもありますが、成長できます。筆者も通っていました。
  • ポテパンキャンプ

    コスパよくエンジニアになりたい人におすすめ。安価でエンジニア就職するならポテパンキャンプ。オンラインのため値段も格安。 レベルが多少高いため、Railsチュートリアルなど、独学してから受講することをおすすめ。
  • DIVE INTO CODE

    本気でプロのエンジニアとしてスタートダッシュを切りたい人にだけおすすめ。他のスクールとはレベルが違います。みっちりとオフラインで、エンジニアの基礎能力+αが身につきます!スクールで悩んでいて、お金があるならDIVE INTO CODE一択です。
関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です