新卒

成長できない会社をすぐに見極める簡単な方法【上司を観察すること】

どうも、ブシトラです。(@busitora)

この記事をご覧になっているということは、

あなた
あなた
今いる会社でこのまま働き続けていいのかな…

といった悩みをお持ちではないでしょうか?

今の会社にそんなに不満はないけど、このままいて成長できるのかな…ともやもやするのは気持ちが悪いですよね。

でも、たった1つのことを意識するだけで、あなたが今の会社で働き続けるべきかが分かるんです。それが、、、

 

上司を観察することなんです!

そこでこの記事では、

  • 上司を観察するべき理由
  • 上司を観察する際のポイント
  • 観察した後に行うアクション

についてご紹介したいと思います。今の職場でずっと働き続けるべきか悩んでいる方は、ぜ最後までお読みください!

笑うブシトラ
笑うブシトラ
1分くらいで読めるよ!

数年後のあなたは、今の上司である

仕事にも慣れてきて、なんとなく余裕が出てくると、誰もがふと頭によぎるのが

「この会社で働き続けて、成長できるのかな…」という悩みですよね。

 

そんな時は、あなたの身近な上司をじっくり観察してみてください。対象は、

  • 役職が同じ年上の上司
  • 1段階役職が上の上司
  • 何段階も役職が上の管理職

などの上司を観察してみましょう!観察する理由として、

「数年後のあなたは、上司に似る可能性が高い」からです。

 

例えば、あなたが上司を尊敬できなかったとしても、その環境にい続けるといずれあなたも部下に尊敬されない人間になっていきます。

 

子は親に似る」ということわざがありますが、人間は環境の生き物なのでどんどんその環境に影響されていきます。

笑うブシトラ
笑うブシトラ
環境はすごい大事だよね

上司を観察するべきポイント3つ

上司を観察するといっても、具体的に何を見ればいいかわかりませんよね。

ここでは、すぐ観察できるポイントを3つ述べたいと思います!

1. 仕事ができない上司しかいない場合

最初に、あなたと年代が近い上司をまずは観察してみましょう。

もし、数個上の上司がほとんど仕事ができない場合は、仕事ができる人材が育たない環境である可能性が高いです。

 

そのような環境で働く場合は、人材を育てられる環境が整っていないので、あなたが成長できる可能性は低いでしょう。

焦るブシトラ
焦るブシトラ
これは明確にやばいケース

2. 役職が上の上司があなた同じ仕事をしている場合

次に、役職が1段階上の上司を見てみましょう。

 

もし、あなたの仕事と上司の仕事が同じであれば、かなりよくない状態です。

理由としては、あなたが何年働こうとも、いつまで経ってもその仕事をすることになる可能性が高いからです。

笑うブシトラ
笑うブシトラ
自分の価値は一向に上がらないよ!

3. 管理職に新卒がいない場合

最後に観察すべき対象は、あなたよりだいぶ年齢の離れた管理職です。

もし、あなたの会社の管理職に新卒出身の人材がいなければ、新卒が将来活躍できる確率はかなり少なくなります。

 

裏を返せば、中途が管理職になる職場というのは、新卒が途中で離職している職場。とも表現できますよね。

焦るブシトラ
焦るブシトラ
大企業でそのパターンなら更にやばい

成長できる環境で働こう

上司を見ると、あなたがその会社で将来的に成長できるかどうかがよく分かります。もしあなたが、

あなた
あなた
この会社で成長できるか不安…

と思うのであれば、上司を観察すると見えてくることがいくつかあります。

不安になった場合は、こちらの本を読んだり、転職すべきケースを調べてみたりするのもおすすめです。

社会人1年目の新卒が退職すべきケース5選を解説!新卒で入社した会社を1年未満で辞めてもいいケースを厳選して5つ紹介。人材業界を社会人1年目で退職した筆者(23歳)が徹底解説!ブラック企業で消耗してる人は読むと辞める決意ができるかも。3年は勤めろ、すぐ辞めるのは甘え?沢山の記事に騙されずに、あなたがしっかり自分で判断できますように!...
勉強会でスクール受講生とエンジニアに聞いた!本当に評判のいいプログラミングスクール2選
  • RUNTEQ

    WEB系エンジニアになりたくて、Railsチュートリアルを独学で学んだ人向け。ポテパンよりも難易度は高いですが、オフラインで現役エンジニアに直で質問できます。完全初心者はお断りで受け入れ人数も少なく面接と技術テストもありますが、成長できます。筆者も通っていました。
  • ポテパンキャンプ

    コスパよくエンジニアになりたい人におすすめ。安価でエンジニア就職するならポテパンキャンプ。オンラインのため値段も格安。 レベルが多少高いため、Railsチュートリアルなど、独学してから受講することをおすすめ。
  • DIVE INTO CODE

    本気でプロのエンジニアとしてスタートダッシュを切りたい人にだけおすすめ。他のスクールとはレベルが違います。みっちりとオフラインで、エンジニアの基礎能力+αが身につきます!スクールで悩んでいて、お金があるならDIVE INTO CODE一択です。
関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です