新卒

就活生は新卒で飛び込み営業がある会社だけには行くな!

どうも、武士虎です。(@busitora)

就活の時期になると、どの業界に行くか悩みますよね。文系であれば、大抵は営業職になる可能性が高いです。

 

理由としては、その会社の商品をよく知ることが他の事業部にも必須になるからです。

営業といっても、物を売るというのはわかっても、具体的に何をやるかはわかりませんよね?

実は、、営業には4種類あり、その中でも飛び込み営業はかなりきつい仕事です。

 

そこでこの記事では、実際に飛び込み営業を経験した私が、

飛び込み営業のある会社に行ってはいけない理由

を書いていきます。

この記事を読み終わる頃には、あなたは絶対に飛び込み営業をやりたくなくなっているでしょう。

 

飛び込み営業とは?

実は、営業には種類がたくさんあります。ザックリとまとめると4つに分類できます。

新規営業

ルートセールス

反響営業

受付営業

 

新規営業は、新規の顧客を開拓し売上を増やすために行う手法です。

突然アポインなしで訪問して営業をする飛び込み営業や、電話でアポイントを取って商談するテレアポ営業があります。

 

辛い順で並べるとしたら、 

飛び込み営業≧≧≧ルートセールス>反響営業=受付営業

ぐらいに飛び込み営業がキツいです。心理的負担が大きい分、得られる営業スキルは大きいのが特徴ですね。

ですが、個人的には新卒で飛び込み営業の会社に勤めるのはおすすめしません。

 

何故か??

得られるスキルに対する精神的ダメージが大きすぎるからです。

 

飛び込み営業の悪いところ

ダメダメすぎて梅干し顔

ここからは、飛び込み営業の悪いところについて述べていきます。実体験も含めて話していきますね。ちょっと文体も柔らかめですが、お許しください。

もし、、、この記事を読んで飛び込み営業をやりたくなったら、もはやそれはマゾや。

体力勝負 灼熱でも極寒でも関係ない

まず第一にめちゃくちゃ体力勝負です。もーこれがキツいのなんの。

どんなに気温が高かろうが、雪が降ろうが、大雨が降ろうが、飛び込み営業マンはひたすら飛び込み続けます。

1日中動き回るのは当たり前で、朝9時から夕方17時までアポもなく飛び込むのを繰り返す。足数で勝負!というのがめっちゃ辛いです。。。

(私は飛び込みすぎて電車に飛び込もうかと思ったくらいに体力は消耗されました。笑)

真夏の飛び込み営業なんて最悪ですよ。。

営業なのでスーツを着て動き回る→汗ビショビショ→訪問先の会社のビル入る→めっちゃ冷房効いてる→冷える→風邪引く。

体が弱い人は、まず絶対できません。きつすぎる。。

私の場合、体はあいにく強いほうでしたが、毎日帰ったらすぐ爆睡でプライベートもほぼありませんでした。

効率が悪い 成約率が100件に1件

飛び込み営業は死ぬほど効率が悪いです。もう本当に効率が悪い。意味わからないくらいに。

成約率の平均は、100件に1件と言われるほど。バカなの??みんな断り杉内。

100人に1件決まるということは、つまり99件断られてるんですねェ。真性ドMならさぞかし快感でしょうが、大抵の人がここでダメージを追います。

また、訪問先に向かう移動時間もかなり無駄じゃないですか?移動しながら生産性のある仕事できる人っています??

飛び込み営業を1日行う場合、会社と訪問エリアの往復で1時間はかかるでしょうから、仮に週4日だと仮定したら、、

1時間×4日×4週=16時間

2日分移動に使っている計算になります。1年だと24日分。

1ヶ月丸々移動時間に使ってるやないかい!!!

流石に飛び込み営業を1年もやれば成約率もおのず上がると思いますが、極論言ってしまったら移動時間は減らせませんよね。

ジョジョの写真 無駄

他人の時間を奪っている

飛び込み営業も、テレアポも基本的には煙たがれます

だって、うざいもん!

あなたの家にいきなり知らない人がきたら、どう思いますか?

あなた
あなた
すいません、必要ないです

(いや必要だったらこっちから連絡するから、もう連絡しないでください)

というのが本音と建前じゃないですか?物を売られるんじゃなくてもいい気持ちはしないと思います。

(私なんて居留守しますよ。。)

たくさん飛び込み営業をしていると、表情で分かってくるんですよね。パッと見で。この人は絶対無理だなって。

そうなると、こちらとしても会った瞬間早く話切り上げて次いきたいし、お客様からしても作業を途中で止めてるから時間奪われてイラつくし、、

Lose-Loseやん。。たかが数分だとしても、お互いにとって損でしかないですよね?

この、「相手の時間を奪っている」と認識した時に、時間泥棒になった気分になりました。

それでも上司は、「情報収集と割り切ってやるのが1番」とアドバイスくれたんですが、どうも私には性に合わなかったですねえw

常に頭を下げなければならない

もう、本当に頭下げなきゃダメですよ、営業って。これはマジ。

いかに相手にいい印象を残せるか大作戦。

なんでそんなにヘコヘコしなきゃいけなきゃいけないか、理由は明確。

飛び込み営業する商材には、競合他者がいっぱいあるから

つまり、飛び込み営業してくる営業マンがたくさんいるわけです。

となると、企業側が選ぶ立場に側にあるわけです。こうなると、

企業≧≧超えられない壁≧飛び込み営業マン

という縮図になるわけです。とどのつまり、いかに相手の印象に残るかが大事。

印象に残らなければいくら名刺交換したところで連絡は来ないんですねぇ。。

断られて、怒鳴られる

飛び込み営業に関わらず、営業というのは断られる仕事です。

先ほども言いましたが、100件飛び込んだら99件くらいに煙たがれます。これは仕方ない。

仕方ないけど、、辛い。圧倒的に辛い。。

断られると、商品が必要ないから断られているのにも関わらず、自分の人格が否定された気分になるんですよね。

まだ断れるだけならいいんですけど、中には飛び込み営業マンを執拗に嫌う企業も。。

私の経験談ですが、飛び込み営業した初日に、ちっちゃい神田の雑居ビルのゴルフ店に飛び込んだんですけど、ゴルフクラブで殴られかけましたからねwww

今となっては笑い話ですが、その日は全身から変な汗が止まりませんでした。

企業にとっては、断り続けているのにたて続けにいろんな業界の別の人が飛び込んでくるから、ストレスたまりますよね。

断っても断っても矢継ぎ早に営業マンがくるんですよ?

以上が私が思いつく飛び込み営業の悪いところです。

分かりやすくまとめました。

  • 体力勝負
  • 効率悪い
  • 頭を下げまくる
  • 断られまくる

数打てばおのずと質も上がってきますが、数打ってるうちに頭打って死にたくなりますよぉ。

飛び込み営業の良いところ

スーツ姿でいいね!する男性

ここからは、飛び込み営業をするといいところをあげていきますね。流石に悪いところを言い過ぎたので、飛び込み営業いいところを絞り出して考えました。

いろんな業界を知ることができる

これは飛び込んで売る商材にもよりますが、色んな業界を知ることができます。

私は人材業界の営業マン(業界問わず)だったので、とにかく色んな業界に飛び込みました。

 

社風がめっちゃ古い会社、イケイケなベンチャー。国が運営してる団体など、本当に多種多様な会社を見ることができました。

業界によっては、他業種の実態を知ることができないところもあると思うので、その点飛び込みで気軽に会社に挨拶に行けるのは大きかったです

信頼関係を勝ち取った時は気持ちいい

先ほど競合がひしめきあっているのでヘコヘコしなきゃいけない。

と言いましたが、相手に好印象にが残って契約に繋がった時は本当に気持ちが良いです。

自分を褒めたくなる瞬間ですね。唯一の。

飛び込み営業経験したら他の営業がぬるい

私は飛び込み営業しか経験したことありませんので机上の空論ですが、

正直飛び込み営業でメンタルは多少鍛えられましたね。

もし今後ルート営業や、その他の営業をおこなったとしても、ゴルフクラブで殴られかけた時を思い出せば乗り越えられる気がします。w

飛び込み営業に向いている人

ここからは、飛び込み営業に向いている人と向いてない人を紹介します。

飛び込み営業は、営業の中でもキツさで上位クラスなので、極端に好き嫌いが分かれます。

自分は飛び込み営業に全く向いてなかったので、逆に向いている人はどんな人か分かります。

私の性格は、今から述べる条件を全て逆にしたような人間と思ってくれて大丈夫ですw

競争が大好きで負けず嫌いな人

まず、競争が大好きで1位が大好きな人。そんな人は向いてます。

競合他社と常に競い合うことになりますし、なんなら同期や先輩とも比較されます。

新卒で入った場合には

名刺獲得キャンペーン

新卒ランキング

 

などを用いて順位づけされて競わされます。

自分が1番が良い!という野心があるかたには向いていると思います。

根性がある

どの仕事にもある程度必要になると思いますが、飛び込み営業はマジで根性がいります。

怒られて来るなと言われた企業にも、また行かなきゃいけないですからね。。

来るな!!!と言われても、、上司には行け!

と言われますし、割と理不尽な状況でも耐えなきゃなりません。

毎日同じ行動を何百回も繰り返す乗って、結構精神に来ますよ。

ポジティブ、ストレス耐性がある

ポジティブシンキング、、これもどの業界にも必要ですが、

飛び込み営業マンにはかなり必要です。

理由として、何回も断られるからです。

断られ続けても、「今回はタイミングが悪かっただけだ!また今度来よう」くらいに考えられる図太さが必要です。

ストレスは半端ないっすよ。

飛び込み営業に向いてない人

ここからは、飛び込み営業に向いてない人はどんな人かを紹介します。

基本的には、飛び込み営業に向いている人の、反対の要素を持っている人が向きません。

更に、強調して向いてない人はどんな人でしょうか?

効率を気にする

まず、効率を気にする人は、飛び込み営業に向いてないです。

基本的に、頭と足を使って仕事をすることになりますが、特に足は絶対に必要です。

何度も同じ場所に足を運んだり、飛び込み営業自体が効率が非常に悪いので、仕事に効率を求める人は嫌気がさしてしまう可能性が高いです。

人の感情の変化に敏感

人が嫌がっていると分かると、控えめになってしまうような性格の人は向いていません。

先ほどもお伝えしましたが、飛び込み営業を行うと、ほとんどの場合断られて嫌がられます。

そんな中、相手が嫌がっているとわかると引いてしまうようなかたは、向いていません。

 

飛び込み営業がメインの会社へは行くな

 

営業職自体は楽しい

勘違いして欲しくないのですが、営業職は本来楽しい仕事です。

信頼関係を構築できた相手に交渉して売り上げを作る。営業は会社の顔なので、やりがいもあります。

もし営業職をやるなら、新規開拓する必要がある飛び込み営業ではなく、信頼関係を構築できている会社に営業する「ルートセールス」にした方が良いです。

新卒で飛び込み営業がメインの仕事に入るのは、絶対におすすめしません。

飛び込み営業は資産にならない

飛び込み営業は資産にならないです。つまり、自分の市場価値が上がらないということです。

理由は、専門性が身につかない業種が多いから。

正直、飛び込み営業は「やる気」さえあれば誰でもできます(契約を取れるかどうかはさておき)

つまり、替えが効く仕事ということです。

私が勤めていた会社にも、新卒で入社して退職する数ヶ月の間で、未経験の中途が何人か入社してきました。

未経験でも入社できるということは、「誰でもできる仕事」ということ。

専門性が必要なのであれば、未経験の人材を中途で採用したりしませんからね。。。

 

飛び込み営業をする会社がダメな理由

イキった新入社員の「チェックお願いします」

これを読んでいるあなたには、飛び込み営業をしている会社に捕まらないようにしていただきたいですが、

改めて飛び込み営業をする会社がダメな理由を見て行きましょう。

商品に魅力がないから

飛び込み営業をする会社は、足を運ぶ量を増やさないと売り上げが伸びません。

つまり、薄利多売の商材である可能性が高いです。

もし魅力のある商材であれば、飛び込み営業をしなくても売れますよね?

例えば、iphoneを飛び込み営業をして販売する必要ってありますか?

全く必要ないですよね。。つまり、いい商品なら飛び込まなくても売れるんですよ。

iphoneなら、ネットでCM流せば飛ぶように売れます。

「商材に魅力がなく、飽和しているからこそ押し売りをしなければ売れない」

という状態なのが飛び込み営業で売る商材です。

営業マンに依存しすぎ

飛び込み営業をメインで行う会社の悪い理由として、営業マンのリソースにに依存しすぎです。

そもそも、営業は人によって向き不向きがありますし、各々のスキルに依存します。スキルがそれぞれ違うのに、同じ成果を営業マンに求めるのは怠慢です。

もし仮に同じ結果を全員に求めるのであれば、必ず売れるように方法を確立するのが企業の役目ですよね。

例えば、広告を打ってプッシュ型からプル型に変えて、その空いた時間で研修を行ってスキルを均一化にするとか、いくらでもやり方はあります。

離職率が高い

飛び込み営業ばかりしている会社には、どんどん人がいなくなります。

このネットがメインの時代に、飛び込み営業をさせている会社からは、人がいなくなって当然です。

 

飛び込み営業をしている会社へは行くな!

結論として言いたいのは、

泣くブシトラ
泣くブシトラ
飛び込み営業はまじでやばい

ということだけ。本当に。

絶対やめたほうがいいです。では。!

【就活生必見】新卒で働く前に聞くべきサウザーさんのvoicyを紹介!大学3年生になって就活が迫っているけど、やりたいことが分からないし、どんな業界に入ったらいいか分からない。そんなあなたにオススメする、サウザーさんのvoicy(ボイシー)を徹底解説。...
勉強会でスクール受講生とエンジニアに聞いた!本当に評判のいいプログラミングスクール2選
  • RUNTEQ

    WEB系エンジニアになりたくて、Railsチュートリアルを独学で学んだ人向け。ポテパンよりも難易度は高いですが、オフラインで現役エンジニアに直で質問できます。完全初心者はお断りで受け入れ人数も少なく面接と技術テストもありますが、成長できます。筆者も通っていました。
  • ポテパンキャンプ

    コスパよくエンジニアになりたい人におすすめ。安価でエンジニア就職するならポテパンキャンプ。オンラインのため値段も格安。 レベルが多少高いため、Railsチュートリアルなど、独学してから受講することをおすすめ。
  • DIVE INTO CODE

    本気でプロのエンジニアとしてスタートダッシュを切りたい人にだけおすすめ。他のスクールとはレベルが違います。みっちりとオフラインで、エンジニアの基礎能力+αが身につきます!スクールで悩んでいて、お金があるならDIVE INTO CODE一択です。
関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です