働き方

社会人がずっと辛い理由を解説!商品をあなたは持っているか?

勤め人がキツい理由・・それは、、ラットレースだからです

※ラットレースとは、働いても、働いても、一向に資産が貯まらない状態のことである。 働いても、働いても、一向に資産が貯まらない様子が、回し車の中で、クルクル回っているネズミに似ていることから定義されている

時間が資本だから

まず、これに尽きます。

勤め人と資本家、根本的に何が違うかというと、、、、

勤め人=自分の時間にかけ算をして、お金を稼ぐ

資本家=自分の商品にかけ算をして、お金を稼ぐ

という構造になっているからです。

勤め人の、お金を稼ぐ手段というのが、自分の貴重な時間なので、働くのを辞めると THE END♪ という恐ろしい未来が見えます。笑

しかしながら、資本家と呼ばれる人々は、自分の時間でお金を生み出しません。

商品でお金を生み出します。

例をあげるとするなら、わかりやすく言うと、不動産で得られる家賃収入、株で得られる配当金、FX、本や漫画の印税。。などなどです。

えっ?そんなの当たり前じゃないかって?

でも、実際に商品を持つのって難しいと思います。

私、将棋が趣味なんですが、ふと思いました。。

企業に勤めるのは一つの「駒」としての人生でしかないなということです。

特に、新卒社会人なんて将棋で言ったら 「歩兵」ぐらいの立場ですよねw

歩兵の生活をしていたら、一生「王」という社長にすらなれないし、

なれたとしても「成金」で終わってしまうんじゃないか?と日々思ってしまっています。

みなさんも、一度きりの自分の人生なんだから、「王」になりたい!!飛車とか自由に操って天下取りてーー!!と思っている方もいらっしゃるんじゃないかと思います。

私も学生時代、、つい最近までそうでした。しかし、「王」の人生って、勤め人としては最高かもしれませんが、結局

将棋という名のビジネスを辞めることは出来ないんですよね。

働かないと給料が入ってこないんですから。(泣)

その仕組みを、以前資産家の方からご教示頂きまして、このままではいけない!と思い、このブログを書いている所存です。

その資産家に教えて頂いた言葉は、、、、、

将棋しているうちは結局一生将棋から抜け出せない。私は将棋をするのではなく、将棋盤を作ったり、そのルールを作るんだ」でした。(例えは変えています)

これが私にとっては衝撃的で、そこから色々な本を読み漁りました。

この考えの本質は、金持ち父さん貧乏父さんに基づいているということは、賢い読者さんは既にお気付きだと思います😏

私も、将棋盤を作れるような、価値のある人間になるために、歩兵からの脱出を試みようと思っています。

 

 

 

勉強会でスクール受講生とエンジニアに聞いた!本当に評判のいいプログラミングスクール2選
  • RUNTEQ

    WEB系エンジニアになりたくて、Railsチュートリアルを独学で学んだ人向け。ポテパンよりも難易度は高いですが、オフラインで現役エンジニアに直で質問できます。完全初心者はお断りで受け入れ人数も少なく面接と技術テストもありますが、成長できます。筆者も通っていました。
  • ポテパンキャンプ

    コスパよくエンジニアになりたい人におすすめ。安価でエンジニア就職するならポテパンキャンプ。オンラインのため値段も格安。 レベルが多少高いため、Railsチュートリアルなど、独学してから受講することをおすすめ。
  • DIVE INTO CODE

    本気でプロのエンジニアとしてスタートダッシュを切りたい人にだけおすすめ。他のスクールとはレベルが違います。みっちりとオフラインで、エンジニアの基礎能力+αが身につきます!スクールで悩んでいて、お金があるならDIVE INTO CODE一択です。
関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です