レビュー

Mac用キーボードカバー「moshi Clearguard」をレビュー

こんにちは、Mac大好きブシトラです!(@busitora)

paypayのおかげで、2019年1月に新しいMBP(2018モデル)を手に入れました。

新しいMacには、ぜひとも長持ちして欲しい。。。ということでアクセサリを調べていると、どうやらキーボードカバーが必要っぽいことが判明。

理由としては、「MBPのバタフライキーボードが壊れると、修理に何万もかかる」との情報が。

流石にそんな簡単に壊れることはないと信じつつも、「修理代に数万出すくらいならキーボードカバーつけよ。怖い」という結論に。念には念をいれましょう。

結果、試行錯誤のうえmoshiのキーボードカバーを購入しましたが、かなり満足といったところ。しかし、完璧ではありません。

そこでこの記事では、「moshiキーボードカバーについてレビュー」します。

キーボードカバー、有りすぎ問題

まず、キーボードカバーがどんなものがあるかAmazonにて「Mac キーボードカバー」で検索すると凄まじい量が。20ページくらいありましたw

出来ればキーボードを直で使いたい派なので、装飾感バリバリのキーボードカバーは除外。

そこで、キーボードカバーを選ぶ際に重視したポイントはこちら。

  1. 出来るだけ違和感がないもの
  2. 薄いもの
  3. 透明なもの

すると、moshiのキーボードカバーにたどり着いたわけです。レビューの多さ的にも信頼がおけました。

Moshi Clearguardの外観レビュー

透明で存在感がない。スペースキーに「moshi」と表記があるくらい

Touch ID部分以外は全てカバーできています。

表と裏。特徴など記載有り。
説明書。英語表記
紙で粘着テープを貼っていく

しっかりと保護されているので、到着時にカバーが折れている。。なんてことも起こらず安心できる。

Moshiキーボードカバーのメリット

汚れや指紋防止

日々の汚れが溜まっていく

キーボードカバーを使わないと、指紋や手の脂汚れがつきまくります。目には見えない汚れでも、キーボードにいい影響はないはず。

使ってみると分かるんですが、キーボードカバーの上からでも薄っすら汚れが目立ちます。

直で使いたいですが、、汚れると萎えますよね。

ちなみに、キーボードやMac本体の掃除はキムワイプ&精製水を使うといいですよ!

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥339
(2019/11/14 23:22:59時点 Amazon調べ-詳細)

薄い(0.1mm)&透明

「moshi キーボードカバー」の画像検索結果これが結構びっくりするくらいの薄さ。

ペラッペラなので、キーボードと画面に影響がない感じです。ペラペラすぎて不安でしたが、意外と馴染む。

Macは限りなく薄く作られているので、キーボードカバーが厚いと、画面を圧迫してしまうんだとか。

直で使いたいので、存在を気にせずに使えるのはありがたい。

洗浄可能

mohsiのキーボードカバーは、洗えます。まだ洗うほど汚れていないので使っていないのですが、いざとなったら洗えるのはありがたい。

どうやら洗剤をつけて洗えば良い模様。

ですが、洗った場合に粘着テープの効力が残るとは思えないのが正直なところ。

適度にキムワイプで掃除しつつ、最終手段として考えるのが良さそう。

Moshiキーボードカバーのデメリット

粘着力が弱め

実際に貼って使っていますが、デメリットはこの1点だけです。

青い線が入っているとところが粘着テープが貼ってありますが、いかんせん粘着力が弱い。

「moshi キーボードカバー」の画像検索結果

しっかりと貼れないor失敗すると、剥がれやすくなる可能性大。

若干剥がれる。少し気になるレベル。

しっかりと貼れないと、粘着面がどんどん乾燥してダメになる模様。

自作で粘着テープをつけるか検討中です。

使ってみた感想

実際に使ったところ、タイピングの邪魔にもならず、本来のMacの良さも残せず概ね満足。使っている際に存在もあまり気にならない。

ただ、粘着力が少し弱いのと値段が高いのが難点。

Moshiキーボードカバーは買いか?

Moshiのキーボードカバーは買いか?という質問に答えるとするならば、

「買ったほうがいい」という結論に。それと、キーボードカバーを買うならmoshi一択なのは間違いないと思います。安物のキーボードカバーは質がひどい(経験済み)

3000円をケチっていつか数万円の修理代を払うのがもったいないので、Macユーザーには是非おすすめしたいところ。

Amazonでmoshiをチェック!

Macによってタイプが異なるので要注意!

では、ブシトラでした。(@busitora)

【徹底レビュー】Kickflip(キックフリップ)をMacユーザーが絶対に買うべき理由。KickflipはMacのアクセサリで1番おすすめしたいアイテム。これがなければ始まらないレベルの商品。①熱排出、②タイピング向上、③姿勢改善 とメリットしかない。スキンシールの上から貼れるのもgood。絶対に購入して頂きたい。...
【レビュー】wraplusのスキンシールはMacbookユーザーに超おすすめ!MacBookPro使いが一度は考える、シンプルに使いたいけど、指紋や汚れが気になる。。その悩み、wraplusのスキンシールを使えば解決します。この記事では、スキンシールのレビューを徹底的に行います。また、キックフリップと併用できるのか考えている方は特に必見です。...
【2018年版】MacBookProにおすすめなアクセサリーまとめ!Macを買った時に買うべきアクセサリーを紹介。アクセサリー関連の記事を読み漁り、厳選して買うべきものをまとめました!紹介しておすすめしているのは筆者が購入しているものだけです。自分のMacを大切に長く使うためにも、アクセサリーは必須!...
勉強会でスクール受講生とエンジニアに聞いた!本当に評判のいいプログラミングスクール2選
  • RUNTEQ

    WEB系エンジニアになりたくて、Railsチュートリアルを独学で学んだ人向け。ポテパンよりも難易度は高いですが、オフラインで現役エンジニアに直で質問できます。完全初心者はお断りで受け入れ人数も少なく面接と技術テストもありますが、成長できます。筆者も通っていました。
  • ポテパンキャンプ

    コスパよくエンジニアになりたい人におすすめ。安価でエンジニア就職するならポテパンキャンプ。オンラインのため値段も格安。 レベルが多少高いため、Railsチュートリアルなど、独学してから受講することをおすすめ。
  • DIVE INTO CODE

    本気でプロのエンジニアとしてスタートダッシュを切りたい人にだけおすすめ。他のスクールとはレベルが違います。みっちりとオフラインで、エンジニアの基礎能力+αが身につきます!スクールで悩んでいて、お金があるならDIVE INTO CODE一択です。
関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です