自己啓発

【時間を制する者は人生を制す】オススメ手帳、フランクリンプランナー

時間管理が苦手であまり自己管理が出来ない人のための、

オススメノウハウを紹介する記事です!

スマホで全部管理してるよ〜
紙の手帳を使ってるわ
武士虎
武士虎
私はスマホと紙の手帳を両方使っています

結論

①デジタルが当然だからこそ紙の手帳を使うべき

時間管理のマトリックスを有効活用しよう

デジタルが当然だからこそ紙の手帳を使うべき

昔は紙で書いていたものが、今では当然のようにネット、デジタルになりましたよね。

私も、昔はこのようなよくある手帳を使っていました(2014年〜2017年まで)(一番右がトラベラーズノートで、あとは書店で購入したため記憶にありませんw)

ですが、今はフランクリンプランナーと、lifebearの2つを使い分けて使っています。

みなさんは、スケジュール管理どうしてますか??

画像が小さくて見えないと思うので、下のボックス内を参照して欲しいのですが、

『紙』と『電子機器』の併用者は35.2%。両方利用している人は3人に1人

とあるように、スケジュール帳を両方使う人は3割と少ない様です。

■スケジュール管理手段は? 『紙の手帳・カレンダーなど「紙」のみ』利用者は46.3%。 『スマートフォン・パソコンなど「電子機器」のみ』利用者は18.5%で5人に1人程度。 『紙』と『電子機器』の併用者は35.2%。両方利用している人は3人に1人。 <男女別> 女性は『紙のみ・紙メイン利用者』75.2%と非常に高い。女性は“紙派”が多い様子。 反対に、男性は“紙派”と“電子機器派“がほぼ半々に分かれる。 <年代別> 60代までは“紙派”は6割前後。70代以上で“紙派”の数値が大きく上がり7割超となる。

出典:ネットリサーチティムストライフ

1,紙の手帳のメリット/デメリット

 

 

紙の手帳のメリット

①思考を書き出せる ②データが消える心配がない ③レシートなどの書類を保管できる ④日記として使える ⑤ノートにもなる ⑥メモがわりになる ⑦一目を気にせずに使える(仕事中) ⑧1時間毎、時間をブロック毎に分けて使える

紙の手帳のデメリット

①紛失リスク ②荷物になる ③買い換える必要あり ④汚れリスク等

スマホ手帳のメリット

①リマインド機能 ②荷物が増えない ③別デバイスで共有ができる ④すぐに検索したり、過去のデータまで見やすい ⑤どこでも記入出来る

スマホ手帳のデメリット

①自分なりにカスタマイズ出来ない ②絵や図などを書き込めない ③詳細まで書かずに、予定だけ書き込みがち

商人兎
商人兎
いやもっとメリットデメリットあるやろ!

という声が聞こえてきそうですが、私が伝えたいのはこれ!!!!

デジタルは直近の予定管理に向いていて、 アナログは更にそれを細分化した時間管理が出来る!

ということ! デジタルの手帳だけだと、空いているスケジュールにただどんどん予定を埋めがちですが、 アナログを活用することによって、自分の時間の使い方を管理出来ます。

 

時間管理のマトリックスを有効活用しよう

時間管理のマトリックスとは?

時間管理のマトリックスとは、簡単に言えば、行動は4つの種類に分類出来るということです!(図参照)

皆さんの日々の行動やタスクが、「緊急なこと」なのか「重要なこと」なのかを区別しているでしょうか。これをしっかりと区別することは、時間という限られた資源の中で、心から願っている目標や優先事項を達成し、人生の成功を手に入れる第一歩なのです。

「緊急なこと」は、今すぐに対処することを求められていることで、「重要なこと」は非常に大切にしなければならないこと、あるいは大切にしたいことです。私たちの人生を豊かにし、本当の充実感をもたらすのは、「緊急」なことよりも「重要」なことを成し遂げた時ではないでしょうか。全ての活動を「緊急」と「重要」という観点であなたの行動を分析すると、「緊急かつ重要」、「緊急でないが重要」、「緊急だが重要ではない」、「緊急でも重要でもない」という4つに分類できると思います。これが「時間管理のマトリックス」です。

時間管理のマトリックスを有効活用することにより、自分の行動をまた分類できます! どんな行動をすればいいのか?という方は是非こちらもサクッとお読みください!

勉強会でスクール受講生とエンジニアに聞いた!本当に評判のいいプログラミングスクール2選
  • RUNTEQ

    WEB系エンジニアになりたくて、Railsチュートリアルを独学で学んだ人向け。ポテパンよりも難易度は高いですが、オフラインで現役エンジニアに直で質問できます。完全初心者はお断りで受け入れ人数も少なく面接と技術テストもありますが、成長できます。筆者も通っていました。
  • ポテパンキャンプ

    コスパよくエンジニアになりたい人におすすめ。安価でエンジニア就職するならポテパンキャンプ。オンラインのため値段も格安。 レベルが多少高いため、Railsチュートリアルなど、独学してから受講することをおすすめ。
  • DIVE INTO CODE

    本気でプロのエンジニアとしてスタートダッシュを切りたい人にだけおすすめ。他のスクールとはレベルが違います。みっちりとオフラインで、エンジニアの基礎能力+αが身につきます!スクールで悩んでいて、お金があるならDIVE INTO CODE一択です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です